デイ施設内にスタッフが働きながら「脳活性化スキル」を習得、資格取得までできる「社内研修制度」を構築します。「採用」「集客」「人材育成」に悩まない、「活力ある、魅力的なデイサービスづくり」ができます。

らくしゅう式 機能訓練
お問い合わせはメールにてお願い致します。
潟Tングッドアソシエイツ 横浜市西区北幸1−11−1水信ビル7階
 Eメールrakushu@3good.co.jp

らくしゅう式「脳活性化プラス」〜デイ施設内に「社内研修制度」を構築

「らくしゅう式 機能訓練®」は「認知機能テスト(MMSE)」の改善効果が高い評価を得て、
自治体の介護予防教室で採用されています。


東京都千代田区の介護予防教室における「認知機能テスト及び記憶テストの改善実績」は
NHKの情報番組「あさイチ」でも紹介され、高い評価を得ました。
 
  〇NHKの情報番組「あさイチ」で紹介の「東京都千代田区教室における改善実績」→詳細はこちら


この効果的な「らくしゅう式・脳活性化スキル」を、デイサービス施設内でスタッフが働きながら習得できる社内研修制度「脳活性化プラス」を開発しました。

デイサービス施設は、『スタッフが日々働きながら「効果的な脳活性化スキル」を学び、「資格の取得」までできる場』へと変わります。

同時に、「デイのあらゆる時間帯で『効果的な脳活性化サービス』を提供する」といった「施設の特徴(目玉サービス)」も確立できます。


「脳活性化プラス」を導入することで、「採用」、「集客」、「人材育成」、「施設内コミュニケーション」、「離職問題」に悩まない、「活力ある、魅力的なデイサービスづくり」ができます。



  • NHK取材の写真

    NHK情報番組「あさイチ」の
     取材の様子。
  • 千代田区教室の写真1

    東京都千代田区の介護予防教室
    での取組みの様子。
  • らくしゅう式公演の様子

    官公庁主催の「らくしゅう式」
     講演の様子(東京都内)

こんな悩み・ニーズをもつ、デイ経営者におすすめ

 □求人を出しても応募が来ない
 □求人広告で打ち出せる、施設の特長が欲しい
 □採用してもすぐにやめてしまうことが多い

 □集客につながる「施設の目玉サービス」をつくりたい
 □利用者を増やしたい、稼働率をあげたい
 
 □社内のコミュニケーションを活発化させたい
 □スタッフのはたらきがいやスキルをアップさせたい
 
 □レクや機能訓練など1日のメニューを充実させたい
 □「脳・機能訓練サービス」を提供したい
 □地域で「脳の健康教室」を行いたい(自治体の介護予防事業を行いたい)

 

社内研修制度「脳活性化プラス」の概要


「脳活性化プラス」によって、デイ施設は『スタッフみんなが日々働きながら、
「効果的な脳活性化スキル」を学び、「資格の取得」までできる場』へと短期間で変わります。


スタッフのスキル習得と同時に、「デイのあらゆる時間帯で効果的な脳活性化サービスを提供する」
といった「施設の特長」も確立できます。

脳活性化プラス概要図1


脳活性化プラス概要図2


脳活性化プラス概要図3


アクティブ福祉の写真

施設の特長を確立して
 「認知症ケア部門・最優秀賞」を受賞
 「らくしゅう式」を導入したデイサービス施設が
 東京都社会福祉協議会主催の「高齢者福祉研究会」
 で「認知症ケア部門・最優秀賞」を受賞しました。
   →詳細はこちら
  ※写真は「高齢者福祉研究会」の様子(京王プラザH)
   当日は約1500名の介護関係者が集まりました。


脳活性化プラス概要図4


キタデ外観

和歌山県のデイサービス
「地域の認知症予防拠点」として活躍の事例

「デイサービス コミニティケアキタデゆうゆう」(和歌山県)は地域貢献の一環として、10年以上前から「らくしゅう式」を活用して「脳の健康教室」を自主開催。

その取組みが高い評価を得て、「自治体の介護予防事業」として採用されました。毎回、「高い改善実績」を残しています。

「施設内コミュニケーション」が活性化〜「離職問題」も解決できる

採用しても「すぐに離職」してしまうことが多い場合は、「離職の原因」を解決しないと
いくら採用してもスタッフ不足は解決しません。

「すぐに離職」の原因として多いのが、「施設内コミュニケーションの不足」です。

「脳活性化プラス」はコミュニケーションをしながら楽しく行うことがルールです。

プログラムを通じて、利用者とスタッフとのコミュニケーションは自然に増えていきます。


また、スタッフ皆が「利用者の脳活性化プラス」という同じ目的に向かいスキルを習得する中で、
連帯感が強まり、情報交換の機会も増えるため、スタッフ同士のコミュニケーションも活発化します。


日々の取組みについて「今日のプラス・ミーティング」を行えば、さらに活発化させることも可能です。


スタッフはコミュニケーションが良好な環境のなか、「スキル」と「資格」を取得しながら、やりがいを持って働くことができます。

「脳活性化プラス」は、施設内コミュニケーション不足を原因とする「すぐに離職問題」の解決にも役立ちます。

PageTop