おうちde脳活性化プラス|NHKで紹介の「らくしゅう式 認知症予防プログラム」の実践方法を動画講座で手軽に学べて、デイサービスやご家庭、予防教室などで質の高い認知症予防をすぐに始められます。

らくしゅう式 脳活性化プラス
お問い合わせはメールにてお願い致します。

【親の認知症】家族ができる認知症予防・進行予防
『おうちde脳活性化プラス』 /実践士2級講座

 ビジネスケアラー必見(1回講座) 認知症「進行」予防は家族の重要課題

脳活性化プラスロゴ

【受講料:3,800円 動画視聴 講座】
2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると言われ、「親の認知症は他人ごとではない」時代に突入しています。

親の認知症の予兆を感じた方のためにつくられた講座です。ビジネスケアラーにとって、ご自身の労働負荷に、加えて親の介護は大変な気苦労と負担となるのは必定、先手必勝、迅速に!受講しよう。

家族が知っておくべき「認知症の発症予防・進行予防」「おうちde脳活性化プラス(実践士2級講座)」は、親の介護や生活のサポートをする可能性があるすべてのひと(ビジネスケアラーおよびその予備軍)のための講座です。

育ての入り口で教育書を読んだり、塾の説明会に出向くのは、その先10年以上続く「教育・子育て」という大仕事を前に、知識や情報を確かめたかったからです。同様に、「親の介護」「親の認知症」の入り口でも、脳活性化に関わる確かな知識があれば、この先の10年への備えとなります。

おうちde脳活性化プラス
3,800円(税込)教材込受講料

『おうちde脳活性化プラス/実践士2級講座』の詳細

「NHKの脳の特集番組」で認知症予防・進行予防が期待できると紹介された「らくしゅう式 脳機能訓練」の認知症予防プログラムの取組み方を自宅で学べて、ご家族の認知症予防・進行予防にすぐ取組めます。

「らくしゅう式 脳機能訓練」の認知症予防プログラムの3つの特長

@NHKで認知症予防が期待できると紹介された「優れた改善実績」

AWHOと厚労省が推奨の「認知症予防のための3つの訓練を全て網羅」

B「脳科学」に基づき、頭・身体・会話で効果的に脳を活性化!

→「らくしゅう式 脳機能訓練」の詳細はこちら

【使用テキスト・動画】

「脳活性化プラス実践士2級」テキスト・動画を使用します。「知識編」および「実習編」の2つの動画講座をご自宅で受講できます。

  • 知識編 知識編・約30分
    認知症予防のための基礎講習

    @認知症予防について、認知機能の衰えとその改善法・効果について学ぶ。ワーキングメモリの鍛え方。

    A脳活性化効果を高めながら、楽しく取組めるサポート方法を学ぶ。

    B高齢者の自立支援(自宅で暮らしたい希望をかなえる)について

    ★認知症予防および脳活性化への理解が深まるため、受講者だけでなく、ご高齢家族の視聴をおすすめします。ご家族で一緒にご覧ください。

  • 実習編バー 認知症予防「実習編」・約90分
    厳選された『12のプログラム』

    実習編表紙

    12の認知症予防プログラムの取り組み方を学びます。すぐにご家族の認知症進行予防に取組めます。

脳活性化プラス実践士2級「知識編」および「実習編」の動画講座用QRコードをお送りします。youtube動画。

【ご注意】教育教材商品の性質上、キャンセル及び返品ができませんので、ご確認の上お申込みください。梱包が未開封の物のみキャンセルをお受けします。

  • 銀行振込

    ★★「銀行振込」ご希望の方へ★★
    振込手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。振込金額3,800円
    ・以下の@〜Dの項目をご記入のうえ、下記【申込み先メール】までご連絡ください。

    @お名前 A住所 B電話番号 C連絡先メール D「銀行振込にて「おうちde脳活性化プラス講座」を申込む 文言必須

    ・営業日(土日休)に「お申込み確認メール」を返信いたします。別途、振り込み先口座をお知らせします。入金確認が取れ次第、教材を発送いたします。※@3good.co.jpからのメールを受信できるよう設定してください。
    【申込先メール】→rakushu@3good.co.jp
1.お申込み ・本サイトの申込ページよりお申込みいただけます。「実践士2級講座」
・申込および支払いは、個人、法人のどちらも可です。
2. お支払い ・受講料は3,800円(税込)の1回払いです。
3. 教材の発送 ・お申込み手続き完了(着金確認)後8日以内に発送いたします。万一遅延等発生する場合はあらかじめご連絡いたします。
・年末年始などの諸事情で郵送が遅延する場合は、メールにてご連絡いたします。
4.動画視聴 ・動画視聴用のURLを教材同封の書面にてお知らせします。youtubeで視聴ください。
・視聴可能期間内にご視聴受講をお願いします。通常、教材到着から約1か月です。
5.資格の認定(登録料なし)
 
・規定の動画講座「知識編」および「実習編」を修了した方には、「脳活性化プラス実践士2級」資格を認定いたします。ご家庭や施設等にて、実践士2級プログラム教材を使用して、高齢者の認知症予防に取り組むことができます。
「実践士1級」資格を取得される方は、「実践士1級養成コース」にご参加ください。予防教室開催や講師業が可能。
6.「おうちde脳活性化プラス」を継続して取組みたい場合 ・教材の毎月お届け;「継続会員コース」あり
2023年8月現在、口座振替のみご契約いただけます。メールにてお申込みください。

おうちde脳活性化プラス「継続会員コース」のご案内〜継続取組みを支援

「継続会員コース」では、多種多様な認知症予防教材を毎月送付することで、ご家庭における継続的な取組を支援しています。認知症予防は、定期的にくりかえし「続ける」ことが最も重要です。

上記「脳活性化プラス 実践士2級」講座を修了された方のみお申込みができます。

  • おうちde脳活性化プラス概要
  • 「認知症進行予防」の取組みを継続する
    おうちde脳活性化プラス 継続会員コース:

    認知症の進行予防に継続して取り組めるように、プログラムを毎月ご自宅にお届けするコースです。

    2種類のレベルがあり、、ご家族のレベルにあった認知症予防プログラムを選ぶことができます。

     月額会費 1,800円(税込価格)/月

    ※実践士2級講座後に、詳細は別途ご案内いたします。お申込みはメール、またはラインでできます。

    プログラム例 公式ライン
質問
親が認知症かも、と不安です。どうしたらよいですか?
展開
回答
認知症発症の有無は、認知機能を調べる簡単なテストを受けて診断されます。まずはかかりつけ医に相談しましょう。早期発見が重要です。
病院へ行きたくないという方も多くおられます。その場合は、ご本人の「生活習慣の改善」について対処してください。例)閉じこもりがちであれば、機会をつくって外出を促す等。その他いくつかの重要な取組みを行うと改善が期待できます。(認知機能改善のためのWHO推奨12項目)
その一つが高齢者と一緒に取り組む「認知トレーニング」なのです。最も手軽で、身近な人(ご家族や介護者・介護士)が機会をとらえやすく、実効性のある取組みです。脳活性化プラスでは、教材プログラムを豊富にご用意しています。早期の取組み開始をおすすめします。WHO図解
質問
「脳活性化プラス」をご家族と高齢者が取り組むと どのような効果がみられる?
展開
回答
受講者と高齢者の双方の「表情」や「会話」に、良い変化が見られるでしょう。
脳活性化プラスをはじめると、教材にまつわる新しい「話題」がたくさん増えたおかげで、楽しそうに笑ったり、思い出を懐かしんだり、拍手して喜んだり…最近見られなくなっていた、その人らしい表情を見ることができた、というのが最も多い効果です。相乗効果により感情が安定して、おだやかな表情が多く見られることも。

また、言葉が出にくくなっていたり、思っていないことを言ってしまうような方では、丁寧な音読や会話により、今の感情について語りだしたり、久しぶりに聞くようなその人らしいフレーズなどがスッとでてきた、という方もいます。
 脳活性化プラスによる認知症予防とは、その人らしい言動や正しい認知力を少しでも維持・回復できるよう脳に働きかけることです。
受講者の方には、親御さんに『身の回りの確認事項や指示ばかりしていた』という方が多くいます。それ自体はとても大切なことですが、それ以外の特別な会話の時間をもつことが、親子で行う「認知症予防」のためには最も重要なことなのです。

受講者には、サポーターとしての心得や声かけなどの工夫もお伝えします。安心してはじめてください。笑顔とロゴ
質問
自分のために、認知症予防に取り組みたいのですが(高齢者本人)
展開
回答
脳活性化プラスのプログラムは、認知症の初期症状の有る方や、症状の無い方でも身体が不自由で外出のできない方に、特におすすめです。
脳が健康な人の認知症予防のためには、「WHOの認知症リスク低減のためのガイドライン12項目」を参考にしていだき、現在の生活習慣の見直しと生活スタイルの変更を推奨します。外出の機会を多くつくり、周囲の方と交流をしましょう。「あたま・からだ・かいわ・笑い」を活性化して、「認知の予備力」を高めておくことが認知症予防には大切です。

認知症予防のためには、1人で取り組んでも十分な効果が得られないことがわかっています。ご家族、ご友人やパートナーと一緒にお取組み下さい。 高齢者本人が実践士となって、同輩のご友人に実践するのもおすすめです。両者ともに脳活性化プラスな効果があります。その際は、たとえ相手が長年のご友人だとしても、しっかり「実践士」としてのサポート法を学んでから実践することが重要です。お互いの意欲を高め合いながら、長く継続できることが最良の方法です。WHO図解
その他の「よくある質問」はこちら その他ご質問があればお気軽にお問い合わせください。
→rakushu@3good.co.jp

当サイトに記載されている内容は予告なしに変更または削除する場合があります。ご了承ください。

  • Line
  • Instagram

PageTop