「脳活性化プラス」のプログラム|デイ施設内にスタッフが働きながら「脳活性化スキル」を習得、資格取得までできる「社内研修制度」を構築します。「採用」「集客」「人材育成」に悩まない、「活力ある、魅力的なデイサービスづくり」ができます。

らくしゅう式 機能訓練
在宅生活を維持するのに欠かせない「認知機能」〔ワーキングメモリ、記憶力、判断力、注意力、空間認識力、見当識、言語能力、遂行力、計画力、計算力、理解力など〕を鍛えます。

特に大切な能力、ワーキングメモリについて

「ワーキングメモリ」とは、文字どおり作業(ワーキング)のための記憶(メモリ)。単に記憶するのではなく、何かの作業をするために一時的に情報をとどめておく働きのことです。「脳のメモ帳」にもたとえられます。

ワーキングメモリが衰えると、以下のようなことが起こります。
これらがひどくなると、在宅での生活が困難になります。

 ・買い物に行っても、必要なものを買い忘れる。何度も同じものを買ってしまう。

 ・友人と話をしていて、何を言いたかったのかを忘れる。

 ・掃除の段取りがわからなくなって、異常に時間がかかってしまう。
 
 ・メガネをとりに別の部屋に行っても、何をとりに行ったのかを忘れてしまう
「らくしゅう式」脳活性化の方法〜「プログラム」と「サポート術」

「プログラム」に取組む際に、スタッフの「サポート術」が加わることで、さらに効果的に脳を活性化します。

デュアルタスクしながら、鍛える(「プログラム」)

デュアルタスクとは、身体を動かしながら・頭も使う、2つを同時に行なうことをいいます。

2つのことを同時に行ない脳を適度に混乱させると、脳は混乱を整理しようと働きます。

混乱を整理しようという働きが脳を活性化させ、ワーキングメモリの強化にもなるのです。


イメージさせながら、鍛える(「サポート術」)

イメージ力は記憶力やワーキングメモリをサポートする働きをします(たとえば、うさぎを覚えるときに、文字面だけよりも、ジャンプしている姿などをイメージしながら覚えた方が記憶に残りやすい)。

無いものをイメージをさせる、イメージを膨らませる「声掛けサポート」でイメージ力を鍛え、記憶力やワーキングメモリの強化をはかります。

楽しく会話・回想しながら、鍛える(「サポート術」)

楽しい会話や、楽しい思い出を話すこと自体が、前頭前野を広く活性化します。また楽しいことを思い出すことで、取組む意欲も高まります。

tesuto

PageTop

Copyright(C) らくしゅう式 機能訓練 All Right Reserved.